Our latest news

DISCOVER INTERESTING STORIES

News

さまざまな垣根を越えた40年にわたる長期的な提携関係 Story 8 13 2018

さまざまな垣根を越えた40年にわたる長期的な提携関係

会社同士の長期的な提携関係は、発展の新たな機会を生み、両社の業務に付加価値をもたらします。UPM Timberの業務はお客様との長期的な提携関係を基盤としています。この提携関係により、当社はお客様のビジネスの継続的発展をお手伝いしています。 製材輸入業者であるBrotim – Marketing (1984) LtdとUPMの長期的な提携関係の始まりは、両社が現在とは異なる社名で経営していた1970年代半ばまで遡ります。2社間の長年にわたる提携関係は、その規模を拡大しながら、より強固なもの...

ターミナル事業とコラボレーションを継続的に発展させて、お客様の期待を超えるサービスを提供 Story 8 12 2018

ターミナル事業とコラボレーションを継続的に発展させて、お客様の期待を超えるサービスを提供

ターミナル事業は、お客様との約束を果たし、業界で最も広範なサービスポートフォリオをお客様に提供するために重要な役割を果たしています。ターミナル事業により、UPMは優れたデリバリーサービスを提供し、お客様が必要なものを購入できるようにサポートできます。Sarrion社やSEA-invest社などの物流サプライヤーとの強力な提携関係によって、当社は適時の納入を実現し、お客様に特別なサービスを提供することができます。 「UPM Timberの目標は、どのような状況でも、当社を信頼してくださるお客...

インタビュー:Antti Waajakoski(UPMカウカス工場長) Story 8 09 2018

インタビュー:Antti Waajakoski(UPMカウカス工場長)

Antti Waajakoski は、2018年初めにカウカス製材工場長に就任しました。それまでは、カウカス製材工場のプロダクションマネージャーを務めていました。この役職では、およそ1年間、運営業務と管理職を統括する役割を担っていました。 現在は、製材工場の工場長としてカウカス工場全体の経営責任を担っています。この業務では、安全第一、お客様第一の考え方が重要です。「安全は常に最優先事項です。安全の次に、製材工場の業績を確保することに注力しています」とAnttiは述べています。弊社は、一貫し...

Market review - Sawn timber industry continues to flourish Other news 7 29 2018

Market review - Sawn timber industry continues to flourish

2018年もあっという間に月日が流れ、上半期が終わりを迎えようとしています。今年上半期の木材市場は、概ね良好でした。アカマツとスプルースのどちらも世界中で需要が高く、需要と供給の適切なバランスを保つのが非常に難しい時期もありました。   UPM Timberは、供給を上回る需要に後押しされて、生産、サプライチェーン、物流、販売の継続的な改善に取り組みました。そうすることで、弊社はお客様との約束を果たし、お客様の求める水準のサービスを提供することができました。   お客様からのフィードバック...