UPMTimber
  • Sustainability

Sustainability

 

UPM Timberにとって、サステナビリティとは企業の行動を導く基本理念であるだけでなく、ビジネスモデルの中核を成すものです。私たちは、責任ある方法で管理されクライメートポジティブな森林を、最小限のCO2排出量で炭素を貯蔵する木材と廃棄物ゼロの副産物へと形を変えています。UPMの事業は森林の健全な成長に依存しています。木を1本使うごとに4本植えるのはそのためです。

 

Climate-positivity starts at the source

UPMは、炭素貯蔵量と炭素隔離量を増やすクライメートポジティブな森林を作ることに取り組んでいます。当社が使うすべての木は、木の成長が常に伐採スピードを上回る、責任ある方法で管理された森林から調達されています。そして1998年以降、保有林の生態系を監視しており、生態系へプラスの影響をもたらすことができるよう取り組んでいます。

毎分100本の木を植えています。

1本伐採するごとに4本植えています。

 
 
 

Lowest emissions from forest to package

UPM Timberの木材生産にはすべて再生可能エネルギーを使用しており、原材料調達から梱包までのCO2排出量は業界最小を実現しています。物流と包装材における二酸化炭素排出量を継続的に削減しており、排出量削減目標を10年前倒しで達成しました。

0
生産工程は化石燃料の使用ゼロを実現。
10
排出量削減目標を10年前倒しで達成しました。
 
 

Carbon storing timber and zero-waste side products for a fossil-free future

UPMの幅広い製品展開により、木のすべての部分を限界まで利用することができます。UPM Timberでは、廃棄されるものは何もありません。製造副産物は、バイオ燃料やバイオ複合材、さらには創傷治癒や細胞治療に使われる木材由来のハイドロゲルといった、数多くのバイオベースの新しい活用法の原材料として利用されています。

100%
UPM Timberの副産物の100 %が、バイオベースの新しい活用法の材料に利用されています。
 
 

Long-term value from collaboration on sustainability

UPM Timberは、サステナブルな建具、包装、家具、建築、加工品、流通にとっての最適なパートナーです。当社の木材はすべてフィンランドで製材されており、FSC™ C086359あるいはPEFC/02-34-05認証として販売が可能です。50年にわたりUPM Timberが結ぶ長期的なパートナーシップは、共に築き上げた発展の上に成り立っています。当社は、材料選択がもたらすプラスの影響をパートナーが理解、普及、促進する手助けをします。

 
PEFC FSC®
当社の製品はすべて、FSC™ C086359あるいはPEFC/02-34-05認証として販売が可能です。