UPMアルホルマ工場

 

地域での木材プロフェッショナル

UPMアルホルマ製材工場は、Wilhelm Schaumanによって1896年に設立されました。現在、この地域における木材生産のプロとして、高いスキルを備えたスタッフとともに、効率的で近代的な製材工場として稼働し ています。UPMアルホルマ製材工場は、認証済みの国産アカマツとスプルース(トウヒ属)からレッドウッドとホワイトウッドの製材品を生産しています。この製材工場はピエタルサーリ郡に位置し、近くの港は森林製品の輸出港として重要な役割を果たしています。

 
 

アルホルマ工場

270 000 m3

製材生産量:年間

60

アルホルマ製材工場従業員数

400

UPM Alholma複合生産施設 総従業員数
 

森林認証

主要な認証を取得:

Quality Management System ISO 9001

Environmental Management System ISO 14001

PEFC and FSC Chain-of-Custody

 
 

 

荷印


お問い合わせ

​UPM Alholma sawmill
Pormestarinsaarentie 7, PO Box 137
FI-68600 Pietarsaari, Finland 
Tel. +358 2041 4143
E-mail: timber@upm.com