UPMTimber
  • Timber
  • UPM TimberとE.T.Listat Oy社は30年以上にわたり密接に連携するパートナー
Story | 10/22/2021 07:23:31 | 2 min 読み取り時間

UPM TimberとE.T.Listat Oy社は30年以上にわたり密接に連携するパートナー

フィンランド最大手の木製モールディング材メーカーであるE.T.Listat社は、30年以上にわたってUPM Timberと協力関係にあります。この協力関係は長年にわたり進化してきましたが、高品質のフィンランド産木材がすべての中心であることに変わりはありません。

UPM Timberの事業運営で核となるのは、長年の協力関係に基づく共同の取り組みです。その一例がユリビエスカでのE.T.Listat Oy社との協力関係です。

E.T. Listat社は、フィンランド最大手の木製モールディング材と内装パネルのメーカーです。木材サプライヤーとして、UPMは同社と30年以上という長期にわたって協力関係にあります。

E.T. Listat社は、1972年にEnsio Torvi氏によって設立された家族経営の会社です。同社は当初、Ylivieska Sawmill and Planing Millという社名でしたが、後に創業者の名をとってEnsio Torvi Ky社になり、その後、社名が短縮され、E.T.Listat社となりました。所有権は今でもTorvi氏一族にあります。

E.T. Listat社は30年間、室内装飾製品を取り扱っています。当初は、パイン材のモールディング材のみを扱っていましたが、表面処理済みの内装パネル、板材、床材など、製品範囲を拡大しました。

協力関係の鍵は耳を傾けること、そして進化すること

UPM Timberは現在、E.T.Listat社にとって最大のサプライヤーです。協力関係は長年にわたり強化されています。現在、UPMからE.T.Listat社に供給されるパイン材のほとんどは、コルケアコスキ製材工場、そしてカウカス製材工場とアルホルマ製材工場から出荷されています。また、E.T.Listat社は、スプルースパネルの原材料をセイク製材工場から購入しています。

30年以上という長年にわたる協力関係の秘訣は何でしょうか。

「当社は常に、UPMの社員の方々とうまく連携しています。同社の原材料は良質であり、UPMは当社のニーズに耳を傾け、そのニーズを満たす原材料を開発してくれました」と、E.T. Listat社購買・営業取締役のPasi Rautio氏は述べています。同氏は、E.T. Listat社に40年以上勤務しています。

UPM Timberのフィンランド国内市場を担当しているセールスマネージャーのIlpo Yrjöläも、E.T.Listat社の担当者と容易に良好な関係を築けたことが相互協力の鍵となったと述べています。

「私たちは定期的に会合し、お客様のニーズに耳を傾け、可能な限り、同社のニーズを考慮に入れるように努めています。需要と供給が何十年もの間成り立っており、もちろん、これが最も重要なことです」と、Ilpo Yrjöläは語ります。

UPM TimberE.T.Listat社の担当者間の会合は、協力関係において重要です。UPM TimberEmmanuel DanieauJason EnticottRaimo HaltMikko HyvärinenHisense SunSatoshi SakashitaArto UusitaloIlpo YrjöläE.T.Listat社のMarko Antinoja氏、Pasi Rautio氏、Arto Lappinen氏、Raine Luukko氏は、201911月にユリビエスカで会合を行いました。写真はArto Lappinen氏による撮影。

お客様は持続可能性への関心が高い

E.T.Listat社の事業運営の中核はフィンランド産木材であり、そのほとんどは認証を受けた森林から調達されています。材料の選抜、生産、物流のすべての段階において、環境が考慮されます。

「木材のすべての部分が利用され、無駄は一切ありません。内装製品に使用されない木材パーツは、ペレット燃料のウッドチップとして使用されます」と、Pasi Rautio氏は話します。

木材を無駄にしないという同様の原則はUPM Timberの事業運営にも適用されており、木材製品として使用できない木材のすべてのパーツは他の用途に使用されます。また、すべての鋸の電力には再生可能エネルギーのみが使用されています。

Rautio氏によると、最近のお客様は、木材製品の持続可能性に対して何らかの関心を持っています。例えば、木材が国内産であり、認定を受けた森林で伐採されていることや、仕上げがM1定格(低排出塗料など)であることを望んでいます。

Pasi Rautio氏によると、お客様は名の知れた企業の品質と持続可能性を信頼しているため、UPM TimberはE.T.Listat社にとって重要なパートナーとなっています。 E.T. Listat社もまた、UPM Timberにとって重要なパートナーです。

「長年事業を行っている、同社のようなお客様は、当社にとって重要です。また、当社がフィンランド最大手の木製モールディング材メーカーの主要サプライヤーであることも大切なことです。このような長年の協力関係は当社にとっても重要であり、両社が常に業界の進歩に対応できる理由ともなります」と、Ilpo Yrjöläは話します。

メイン写真:E.T.Listat Oy社。