UPM セイク工場

 

ホワイトウッドのスペシャリスト

UPMセイク製材工場は、ホワイトウッド製材製品を生産する真のスペシャリストです。この製材工場は、F.W.Rosenlewによって1872年に設立されました。UPMセイク製材工場は段階的に近代化を進め、最新の 製材テクニックを駆使して高品質なホワイトウッド製材製品を生産しています。この工場では、主にフィンランド西部の森林で伐採された認証済みの国内スプルース材を使用しています。この製材工場はフィンランドの西海岸、ポリ郡の都市部に位置しています。

 
 

セイク工場

390 000 m3

製材生産量:年間

80

セイク製材工場従業員数

~85%

輸出製品の割合
 

認定証

​主要な認証を取得:

Quality Management System ISO 9001

Environmental Management System ISO 14001

PEFC and FSC Chain-of-Custody

 
 

荷印

お問い合わせ

UPM Seikku sawmill
Aittaluoto, PO BOX 80
FI- 28101 Pori, Finland
Tel. +358 2041 4153
E-mail: timber@upm.com